RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Sputnik Sri Lanka - スプートニクスリランカより -

スプートニクスリランカでの出来事やご報告をスピーディーにお知らせします!
鍬入れ式 その後こんなんが残りました。。。。

 

正門から正面玄関に通じる道は段差をなくしなだらかに。。。。。

 

庭だったところは木々を伐採して更地に。

 

この平たい場所に新校舎が建つ予定です。

| - | 05:38 | comments(0) | - | - | - |
鍬入れ式 その3。

地中に箱を埋める場所にみんなが集合。

 

右からスプートニク教育学院理事長キッツリ、スプートニク統括理事長エシャンタ、スプートニク顧問弁護士。

 

箱を受け取り、

 

所定の位置におきます。

 

 

 

続いてキッツリさん。

 

こちらは、その周りに石を置いていきます。

 

こんな感じで。。。。

 

続いて狩野さん。。。。

 

続いてわたくし。。。。。

 

はい!みんなで。

 

最後に顧問弁護士。ちなみにエシャンタさんの義理のお父様です。

 

最後に周りをセメントで固めます。。。。。

| - | 20:46 | comments(0) | - | - | - |
鍬入れ式。その2。

そしてお坊さんの読経が7時24分から始まりました。エシャンタさんをはじめ、寮生やガールズホームのインドラさんや野尻さんなどが参加しました。

 

デンマーク人の2人も参加。

 

その間に、こちらでは穴がいくつか空けられてました。。。。

 

 

読経が終了。あとは最後のは箱埋めを残すのみです。

| - | 03:32 | comments(0) | - | - | - |
鍬入れ式。その1。

こちらスリランカでは、建物を建てるときにも占星術でいろいろな事を決めていきます。その中で行われる儀式がいくつかあり、そのメインが鍬入れ式と窓越し式です。今回は、基礎作りの時に行う「鍬入れ式」です。

 

吉兆の時間に杭を打ち込み、お坊さんに読経をあげてもらい、最後に、占いで決められた方角に向かって土台建材が入った小さい箱を地中にいれます。それらを10日の午前7時からに行いました。

 

まずは読経をあげていただくお坊さんをお席にご案内。

 

そして杭打ち。

 

祈りを捧げて。。。。。

 

四隅に飾られたオイルランプへも祈りを捧げて。。。。。

| - | 01:33 | comments(0) | - | - | - |
加計学園入学決定者。

スリランカ〜日本行きチケット、と言ってももちろん飛行機のチケットではございませぬ、在留資格証明書取得のことです。これは最近はすこぶる行きやすくなっていて数字もうなぎのぼり(正確な数字はわかりませんが)と言う噂があります・・・。日本語試験のN3もしくはN4でも持っていて日本語学校につてがあれば、誰でも簡単に塾が開けて、簡単にエージェントになれてしまうスリランカです。現地のスリランカにおいていい学校もあれば悪い学校もありますし、いいエージェントもいれば当然悪いエージェントもいます。

 

現地の学生たちは、ネットワークを駆使して自分に合った現地の日本語学校を見つけて、そこのエージェントを通して書類を提出します。もちろんスプートニクもその中の一つです。でも大学の別科なので競争相手は少ないです。でも書類提出が厳しく本物を求めるので書類作成に時間と労力がかかります。それが面倒な学生や貯金預金が不足している学生は奥の手を使って書類作成をします。そこを狙うのが悪いエージェントです・・・・・。学生たちもわかっちゃいるけど何はともあれ日本行きを目指すので、それにのっかっちゃいます・・・・・。まさしく「GO WEST」ならぬ「GO EAST」です。数十年前の、フジの深夜のFISスキーワールドカップス番組のエンディングソング・・・・だったような。

 

つい最近、留学した学生の不法滞在や欠席のパーセンテージの高い国へのビザ発行が4月以降厳しくなる、というニュースがありました。その中に、残念ながらスリランカが入っていたのです。入国者は少ないのですが不法滞在するパーセンテージが多いとのこと。真面目に勉強しに行こう!!!あとに続く後輩のために。

 

日本行きが決まった6人に、入国までの流れや注意事項を話している教育学院理事長キッリさん。

 

さ〜〜日本行きの準備をしっかりして日本生活を有意義なものにしよう!!

| - | 02:25 | comments(0) | - | - | - |
NGO スプートニクスリランカ定例会議 

毎月月末に行われるNGOスプートニクスリランカの会議です。これは2月

 

出席者は、右から、統括理事エシャンタ、ガールズホーム寮母インドラ、会計事務担当マンジュラ(スリランカ人スタッフの最古参です)、事務担当ニサンサラ、新コンピューターチーフアラウィンダ、そして子供たちが通う学校の校長先生です。実は子ども達の通う学校ガドゥルガハマリッダは、廃校寸前のところにガールズホームの子ども達20人が通うことになり廃校を免れた、という経緯があるのです。その直後に今の校長先生がやって来たのでなおさら関係は深いのです。この校長先生、なかなかのタカ派です、いやいやもとい、急進派なのです。でも確実に改革していってます。

 

| - | 22:49 | comments(0) | - | - | - |
加計学園 4月入学予定者9名。

加計学園と提携してはや10年近くになろうとしています。これまでに別科に入学したが学生は三桁はこえました。書類を正規にやっていてこれなので胸を張れる数字です。

 

そしてこの4月も、スプートニクで学んだ9人の若者が入学予定です、この時点で在留資格証明書は発行されていないので正式にはまだですが、ほぼほぼ大丈夫かと思います。でも油断と驕りは禁物です・・・・・そして焦りもね。

 

全員きちんとした服装で集合しました。

 

教育学院理事長キッツリさんとラクシャーニ先生も一緒に。

 

これにて一安心・・・・オフショット。でもカメラ目線で。。。。。

さ〜〜今月下旬には発表があるので、それまでしっかり日本語を勉強して、訪日へそなえて行ってほしいところです。

| - | 19:46 | comments(0) | - | - | - |
スプートニク主催 卓球大会(2月5日)

スプートニク教育学院は、2001年の設立当初からの目的である、国内外の青少年の交流場所としての役目を果たすべく、たくさんの語学クラスとスポーツクラスを開いてきました。そして今も開いています。その活動の一環として、地元に根差した図書室の運営もしています

語学は、日本語はもちろん、英語、タミル語、フランス語など。語学とは別に一時コンピューター教室もありました。そして今現在、語学は日本語のみとなってます。ですからスプートニクと言えば龍角散、、、、ではなく、日本語学校として国内の北部と東部を除いて知られています。

 

スポーツは、ウシュー、合気道、空手、そして統括理事が一番力を入れた卓球です。空手は国内、特にここクルネーガラ県においてはたくさんの道場があります。正確な数字は分かりませんが、スリランカに来た最初の5〜6年くらいで年に1回の割合で道場や大会に招待されてましたから・・・・えッ少ないって・・・まあまあ・・・・。

 

今現在そのスポーツは、毎週土曜日の夕方に行われている空手クラス。そしてそして、中学高校の個人レベルでは全国1〜3位を争うまでになった卓球です。その卓球普及に努めてくれたのは、かつてのスリランカ代表のクマーラさん。ここで教え始めてもう10年近くが経ちます。かつてはスプートニクに住み込んで週5回教えていました。が結婚して子供ができ自分の生活が忙しくなってからは徐々にここでの練習日が減っていきました。でも今でも不定期に練習が行われています。そして年に数回、クルネーガラ地区の教え子や卓球選手たちが一堂に会し大会が行われています。

 

 

その大会がアジアホールで開かれたのです。ではその様子を。

 

 

座っている3人の中央の方がクマーラさんです。今もクルネーガラの卓球普及に尽力してくれています。感謝感激!!

| - | 02:00 | comments(0) | - | - | - |
週末クラス 文化交流。

2年連続で2月にスプートニクに来てくれた、大学2年生のこういち君とあやのちゃん。農業実習をメインに滞在します。前回は実習先が最後まで決まらずにガールズホームの敷地内にある染め工房の排水などを利用して無農薬栽培をしている畑でちょこっとだけ実習しました。今回は、スプートニクから小1時間離れたクリヤピティヤの養鶏場でしっかりがっちりみっちり実習することになっています。

 

4日の夜に到着した2人、5日の午前、自習先に向かう前に週末の日本語クラスで交流してもらいました。先月始まったばかりの週末日本語クラス、日本では欠かせない「ジャンケン」を覚えてもらってからの交流となりました。

 

まずは、「ジャンケンどん」!! 2チームに分かれて引かれた線を走って行き、出会ったらジャンケンして勝ったら先に進み、相手の陣地に入ったら勝ちっていうゲーム。ジャンケンのタイミングが合わない合わない、異国の人にジャンケンを出すタイミングは難しいらしい。。。。

 

 

次は音楽に合わせてあちこち歩き、音楽が止まったら出会った人とジャンケンして、負けたら勝った人の肩につかまってドンドン連なっていくという遊び、「じゃんけんジェンカ」とか、「ジャンケン列車」と言うらしい・・・・名前初めて知ったような。。。。

 

さ〜〜〜いよいよ2チームによる最終ジャンケンです。

 

ワ〜〜〜イ!!勝った!!勝った!! 

 

これにて終了。

 

こういち君、あやのちゃん交流ありがとう!!!!

学生諸君!!これからも日本語を頑張って勉強していこう〜〜!!

| - | 21:58 | comments(0) | - | - | - |
節分(2月3日)日本語クラス文化体験

スリランカでは毎月満月日を祝うように、日本でも毎月何かしらの行事があります。あれ?ない月もあるのかな?

ということでこの2月はご存知冬から春への季節の分かれ目・・・・・節分です。来月は友や恩師との分かれ目ですけど。そして4月は新たな友と恩師との出会いの季節です。

 

平日クラスラピッド55のクラスの学生たちが8つのグループに分かれて、交流会館内とアジアホール内の部屋の豆まきをしました。

これで交流会館、アジアホール、そして教室と、今年は福に満たされた日々になるでしょう〜〜〜!!

| - | 20:48 | comments(0) | - | - | - |